TOP

馬込鍼灸整骨院馬込鍼灸整骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

ブログ

HOME > ブログ

股関節 痛みの原因

皆さんこんにちは!

馬込鍼灸整骨院の馬込太朗です。

今回は最近増えている、股関節の痛みについて解説していきます。

 

股関節の構造

股関節は、太ももの骨(赤い骨の大腿骨)の上端にある骨頭という丸い部分が

寛骨臼(かんこつきゅう)という骨盤のくぼみにはまり込むような形になっています。

骨頭は軟骨に覆われており、骨頭と寛骨臼の間には関節唇という繊維性の軟骨があり

関節の安定性に寄与している。

股関節には数十個の筋肉が付着し関節の安定、可動、保護に関与している。

 

股関節を痛める疾患

1.変形性股関節症

変形性股関節症とは股関節の形状の変形や軟骨のすり減りがおきる疾患です。

40代以降の女性に多く、発育障害によるものも多い。

原因

・発育性股関節形成不全

・出産による骨盤の歪み

・運動不足による筋力低下

・過度の運動による筋拘縮や筋疲労

症状

初めは立ち上がりや歩き初めに脚の付け根(鼡径部)に痛みを感じます。

進行すると足の爪が切りにくい、靴下が履きにくい、和式トイレが使用しにくい、正座が困難など様々です。

場合によっては、持続痛(常に痛む)や夜間痛(寝ていても痛む)こともあります。

治療

変形が進行している場合やしすぎている場合は手術になります。

当院では変形が軽度な場合や痛みのみの場合はモルフォセラピーを行い痛みの軽減に尽くします。

 

2.臼蓋形成不全

臼蓋形成不全は先天性(生まれつき)によるものです。

寛骨臼のくぼみが常人よりも浅く形成されてしまい痛みを伴います。

原因

・先天性(生まれつき)

症状

大腿の皮膚溝(しわ)が左右非対称であったり、開轡排制限(股関節の開きがわるいこと)があります。

治療

乳児期に発見した場合にはリーメンビューゲルというひも型装具を装着します(しないこともあります)

成人で発見された場合には痛みが無ければ保存観察し、痛みが酷く伴う場合には手術になります。

当院では、臼蓋形成不全による筋肉の拘縮や骨盤の歪みをモルフォセラピー光電子®を用いて

痛みの軽減に尽くします。

 

3.鼡径部痛症候群(グロインペイン症候群)

股関節周辺の筋肉の痛みや圧痛を伴う疾患です。一度かかると治りにくいのが特徴です。

原因

サッカー選手に多いことから股関節を過度に使うことが原因と考えられます。

柔軟性・・・筋肉の柔らかさ、しなやかさ

安定性・・・関節を保持、支持

協調性・・・他の筋肉との協力

この3つの低下が生じたまま、無理にプレーを続けることで痛みが発症します。

症状

鼠蹊部、下腹部、内ももなど股関節周辺に痛みと機能障害を生じます。

治療

基本的に手術はありません。

当院ではモルをセラピーにて神経の伝達を良くし、痛みを和らげます。

その後、ストレッチとトレーニングを行い筋肉の柔軟性、安定性、協調性をupさせます。

 

このほかにも股関節に痛みを伴う疾患はたくさんあります。

どの疾患でも早期治療が一番大切です。痛みがある場合はお近くの治療院に行かれて下さい。

 

モルフォセラピーについて詳しくはこちら

 

 

 

 

 

2018.4.23

西馬込の周りは坂が多いので、その為ある症状が増えてしまいます。

皆さん、こんにちは。

 

最近は、「外出自粛」が政府から発出されて、2週間が経ちましたね。

 

お家では皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

 

ストレスが溜まっている方で、お家でできることは以前にまとめまとめましたので参考にして下さい。

 

ストレス解消について

不要・不急の外出は控えるようにとの事で外に出ないと方もいらしゃると思いますが、外に出て人の密集する場所でなければ良いのではないかと考える方もいらっしゃると思います。

 

実際に近所を散歩して、リフレッシュしている方は多いと思います。

 

しかし、気を付けなければいけない事があるのです。

 

それは、西馬込近辺は坂が多い事です。

 

坂道が多い事で、身体のある部分に負担をかけることになってしまい、それが元手で別の場所に痛みが出てしまったり、出なかったりします。

 

そろそろ運動でもと考えて、簡単なウォーキングでもと思っているとケガを引き起こす可能性もありますので、これを読んで気を付けて下さい。

 

 

坂道を歩く事で、負担のかかる関節

そもそも人間にしかできない大きな特徴は、二足歩行と手の指の対立運動(物をつまむ動作)なのです。

対立運動(物をつまむ動作)でも、お伝えしたい事がありますので次回書きます。

上の図を見て下さい。

 

そうです、股関節です。

 

骨盤の向きが前に向く事で二足歩行が可能になったと考えられるのですが、現代の人は骨盤回りの筋肉が長い距離を歩かないことで衰えていると言われています。

 

江戸時代の飛脚は東京-大阪を、3日間で荷物を届けたと言う資料もあるくらいです。

(リレー方式で、1人の人が全部を行ったわけではありませんが、1人の平均は時速8キロ相当だったようです。)

 

飛脚ではないですが、歩く距離が現代人が減っていることは間違いないはずです。

 

現代では文明が進歩して歩く事が減っている状態で、更に今のこの状況になり歩く事が減っている状況では筋肉が衰えているのは、必然です

 

歩く事はそこまで負担にならないだろうと安易に考え急に歩きはじめ、そんな中で坂の上り下りが更に骨盤回りの筋肉を損傷してしまいます。

 

それを続けていると、骨盤が疲れてしまい坂の上り下りで良い姿勢が保てなくなり、前傾姿勢が多くなってしまうのです。

…………

 

前傾姿勢が多くなると

前傾姿勢が多くなると、身体が前のめりになる為股関節が外に開きます。

 

股関節が開くと足が、がに股になってしまいます。

 

そうなると軒並み、お尻の筋肉が上手く使えなくなってしまい、お尻の筋肉が萎縮し垂れてしまい、身体を支えられなくなってしまうので、平地を歩いていても股関節にダイレクトに体重が乗ってしまうのです。

 

体重がダイレクトに乗ってしまうので、本当はお尻の筋肉を使って支えたいのに、支えられず股関節はどんどん負担がかかってしまう形になります。

 

股関節に痛みを覚え身体が支えられす事が困難になると前を見ることが出来ない為、そうすると人は自然と膝を曲げて前を見ようとするようになるのです。

 

次に悪くなるのは膝で、その次は足首といった順番になります。

 

これはあくまでも仮定の話しですが、実際に患者さんでよく来院するのはこのパターンで、新型コロナが出てからの患者さんは股関節や膝の痛みが増えてきています。

 

安全に歩きましょう

 

歩く事は健康維持のため必要ですが、なので始めは10分くらいからはじめて、平地を選びましょう。

 

全体の歩く形は意識しなくても大丈夫です。

(腕を振ったり、大股で歩いたり、白い線をまたいで歩くと言ったことは意識しなくて大丈夫です。)

 

1つだけ、足を着地させた時に小指側に力を入れて下さい。

ポイントは、足をつく際に小指をパーの状態で着くと足底筋を意識して歩く事が出来、効果的に歩けるはずです。

 

わからないことがありましたら、是非ご質問ください。

2020.4.23

メールでのお問い合わせ

電話をかける

馬込鍼灸整骨院

馬込鍼灸整骨院

〒143-0026
東京都大田区西馬込2-19-6

Tel:03-3778-7333

適応症状を見る

  • 交通事故診療
  • 施術メニューの料金
  • 治療動画
  • スタッフ動画
  • モルフォセラピー
  • ブログ
  • 当院はCIESFに加盟しております
  • 当院はCIESFに加盟しております