TOP

ブログ

HOME > ブログ

ランニング障害② ~腸脛靭帯炎~

こんにちは、笠原です。

先日トレイルランニングの大会に出たら翌日筋肉痛がものすごかったです。でもとても楽しめました(^^)

 

 

さて今回のランニング障害のテーマは膝の痛みです。ランニングをしている方なら一度は膝が痛くなったことがあるのではないでしょうか。

 

「膝の痛み」といっても様々な原因が考えられます。

腸脛靭帯炎・膝蓋靭帯炎・鵞足炎・靭帯や半月板の損傷・水腫など・・・

 

今回は膝の痛みの中でも、ランナーに一番多い腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)を紹介していきます。

 

 

・腸脛靭帯炎(ランナー膝)

ランナーの患者さんで一番多いのが腸脛靭帯炎です。ランナー膝とも呼ばれている事から、なって初めてランナーの仲間入りなんて言う人もいます(笑)もちろんならない方がいいのですが(^^ゞ

 

 

痛む場所は膝の外側です。膝の曲げ伸ばしの際に、太ももの外側から膝の外側にある腸脛靭帯が、大腿骨外側顆という骨の突出した部分と擦れ合います。膝の曲げ伸ばしが繰り返される事でこの部分で炎症を起こし、痛みを生じます。

 

 

原因は大きく二つに分けられます。一つは走り始めたばかり・一度に長時間走った・走行距離をいきなり増やしたなどの練習の問題(オーバーユース)。

もう一つは筋力不足や身体の硬さなど個体の問題です。

 

 

 

実は私自身も腸脛靭帯炎になったことがあります。忘れもしない初フルマラソンの2010年東京マラソン。雨の中1時間以上スタートに並び、しかも一番後ろのブロックだったためスタートまで20分かかるし…雨と寒さで走る前から辛かったです(>_<)

 

途中から両膝が痛くなりましたが、なんとか5時間かけて完走はできました。しかし辛いのはここからでした。その時のゴールはビックサイトだったのですが、ゴールから荷物もらって着替えて外に出るまでが長いんですよね。足を引きずりながら外に出て、さあ帰ろうとしたところで最後の難関が!階段です。あの階段は本当に痛くて痛くて。今思い出しても痛いです(笑)

 

これはまさにオーバーユースですね。練習での最長距離は30kmだったし、練習量が少ないのに5時間も走れば痛くなりますわ。

 

この経験もあり、ランニング障害の辛さはよくわかります。

 

 

 

もし痛みが出たら思い切って走るのをやめましょう。練習量を減らせば走っても大丈夫だという意見もありますが、自分の経験や患者さんの経過をみると、やめた方がよさそうです。

 

1~2週間程度走らず、その間は体幹トレーニングや臀部・腸脛靭帯のストレッチなど膝に負担がかからないことを行いましょう。その後、徐々に走り出すようにします。

 

 

身体のバランスを整え腸脛靭帯の負担を減らし、炎症を引かせ、痛みを消失させるように整体を行うと治りが早いです。

 

その際に状態に合わせたトレーニング方法やストレッチ、練習量などのアドバイスも行っています。

 

 

当院ではモルフォセラピーという整体を行っています。

詳しくはこちらへ

 

今まで多くの方に行っていますが、ランニングへの復帰は早くなっています。

 

 

腸脛靭帯炎は何かすればすぐに治るわけではなく、経過は緩やかです。焦って無理に走って長引かせてしまうケースも多くあります。しかし必ず治るものですので、焦らずしっかり治して楽しく長くランニングを続けていきましょう。

2018.6.8

膝痛 変形性膝関節症

皆さんこんにちは^_^

 

多くの方が悩む「膝痛」。

昔からO脚で悩んでる方。

膝に水が溜まってしまって痛い方。

それぞれ痛みの原因は違うと思います。

膝の痛みの原因は沢山あります。

・変形性膝関節症 ・痛風 ・関節リウマチ

・ランナンーズニー ・シャンパーズニー・グローインペイン症候群などがあります。

そこで今回は最近増えている

変形性膝関節症についてご説明致します!

 

変形性膝関節症になりやすい方!

・遺伝 両親が関節症の方は遺伝的になりやすいです。

・高齢者 年齢と共に落ちてしまう筋力が関係しています。

・肥満体型 関節にかかる負担が大きいです。

・女性 閉経を迎えた女性は、女性ホルモンの一つである「エストロジェン」というホルモンが低下します。このホルモンは骨・軟骨・筋肉が健康でいる為に必要なホルモンです。

50歳以上の女性は同年代の男性と比べて、スネの骨(脛骨)で4倍、膝のお皿の骨(膝蓋骨)で3倍のスピードで軟骨が摩耗するという報告もあります!

 

変形性膝関節症のメカニズム

膝関節内の軟骨への過剰な負担

↓(この時負担をかけないように筋肉が

↓    緊張し、硬くなります。この段階では

↓    筋肉の緊張により痛みを感じます。

軟骨が摩耗します

↓(軟骨には痛みを伝える神経がないので

↓   削れても痛みを感じることはありませ

↓   ん)

軟骨の削りカスにより関節包(関節を包む膜)が傷つけられます

↓(この時、壊されかけた軟骨や傷ついた膜

↓   を修復しようとして炎症が起きます。

↓   炎症は修復過程で起こるものです。

↓   この段階では関節内の痛みを感じま

↓   す。)

・水が溜まる・膝が腫れる

・さらに軟骨が摩耗する

軟骨が削れるから痛いのではく、負担をかけないようにしている筋肉の緊張や、軟骨の削りカスが膜を傷つける事で炎症が起き痛みを感じます!

治療しないとずっと筋肉が緊張し続け、軟骨は削れ膜を傷つけ、炎症は止まらず関節が変形していきます!

これが変形性膝関節症です!

変形性膝関節症の治療

整形外科的治療は

・内視鏡によるクリーニング

・脛骨骨切り術

・人工膝関節部分置換術

・人工膝関節全置換術

などがあります。

 

当院での治療を詳しく説明致します!

当院ではモルフォセラピーにて

関節、筋肉、神経にアプローチします。

 

関節へのアプローチ

溜まってしまった水をひかせるように

冷却し圧を加えます。

変形していまった骨は治りませんが

骨盤のズレなどで変形しているように

見える場合があるので骨盤の矯正を行います。

 

筋肉へのアプローチ

関節に負担をかけないように緊張した

筋肉を和らげます。

筋肉の緊張を和らげたら関節に負担が

かかるのでは?と思った方もいると思

いますが、大丈夫です!

骨盤や腰椎をモルフォセラピーにて

矯正するので、関節への負担は軽減

します。

 

神経へのアプローチ

人間の身体は神経が動かしています。

関節を動かすのは筋肉

筋肉を動かすのは神経です。

痛みを感じるのは神経です。

神経が正常に働いていないと

負担が大きくなったり、過剰に

痛みを感じでしまいます。

ですので、モルフォセラピーにて

神経アプローチを行います!

この3つのアプローチを行いまが

それ以外にも早期回復のため

家庭でのストレッチやトレーニング

日常生活で負担を無くすため

ガードルや靴下を履いていただき 24時間

完全アプローチいたします。

ガードル、靴下について詳しくはこちら

モルフォセラピーについて詳しくはこちら

変形性膝関節症は早期治療を

行えば重度に至ることはありません!

少しでも膝に違和感がある方、

変形性膝関節症の予備群かもしれません!

お近くの治療院へ受診下さい!

2018.8.30

膝が痛いのは、地域柄⁇

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんこんにちは。

今回は、私の地元になります大田区で、更に職場でもあります西馬込を題材にした話をしていきます。

 

皆さんは、西馬込周辺は坂道が多いですが、坂道が多いとどのような怪我が多くなると思いますか?

 

答えは、題名にもあげています、膝の怪我になります。

 

なので、今回は膝の怪我について説明していきますが、先ず、膝の関節の怪我がどのよに起こっていくのかを、知らないといけません。

なので、膝の関節がどのよに痛むのかのメカニズムを見ていきまっしょう。

 

 

膝の関節の怪我のメカニズム

 

そもそも膝の怪我は、膝の関節を痛めますが、それには膝を覆っている筋肉が関係していると言えます。

膝の関節が急に痛くなるのではなく、その周りの筋肉に支障が出ていきその結果関節自体の動きの悪さを引き起こします。

 

(ここで言う周りの筋肉に支障が出るとは、太ももの前側の筋肉が坂道などで疲れて硬くなってしまているのに、ストレッチや筋肉を緩める行為をしていなく、徐々に筋肉が硬くなっていく事です。)

 

その関節の動きの悪さを気にしないでいると、徐々に膝の軟骨が減っていき、最終的に関節が変形していき、自覚症状が出た時には痛みになっている事が多いのです。

 

この状態で病院や接骨院を受信すると、既に変形性の膝関節症ですと診断される事が多いでしょう。

 

膝の関節の怪我のメカニズムが分かった所で、次は何故坂道が多いと膝の怪我に繋がりやすいかを説明していきます。

 

何故坂道が多いと膝に怪我に繋がるのか?

上記で説明したように、膝の関節は膝周りの筋肉の状況にかなり左右されてしまいます。

 

特に前ももの筋肉と、ふくらはぎの筋肉が関係していると考えられます。

 

この2つの筋肉は坂の登り降りで使用する事が多くなります。

 

しかし、皆さんは使っている事(筋肉が疲れている)に気がつかず、その対処をしないので、結果膝の怪我に繋がると考えられるのです。

 

①地域柄として毎日必ず坂道を使用しなければいけない。

②1日で太ももとふくらはぎの筋肉にかかる負担は、平地での生活をしている人より大きくなる。

③すぐに痛みに繋がるほどの負担ではないので、ケアをあまりしない。

④どんどん疲労が蓄積する。

⑤痛みになった時には、筋肉が硬くなていて、既に拘縮や強直の状態になっての来院になっているケースが多い。

⑥⑤の症状が繰り返し起こると最終的に、「変形性膝関節症」と成ってしい、状態が酷いと手術が望ましい場合もあります。

 

 

では、⑥にならないためには、どの様にしたらいいのでしょう。

 

それは、簡単です。

 

太ももの前とふくらはぎのストレッチをする

 

そうなのです。1番使って、疲れている筋肉のストレッチをすればいいのです。

ストレッチ方法は壁を使います。

 

この方法は、今週中にブログの方にアップしますので、乞うご期待です。

2018.11.12

本門寺マラソン結果&鵞足炎について

こんにちは!

西馬込から大森に行くには、走るのが1番早いと思っています。

 

 

どうも!笠原です。

 

 

 

4月14日は毎年恒例の「池上本門寺マラソン」へ。

 

アップダウンばかりの1周2kmのコースを5周、ゼーハーしながら走ってきました。

 

 

 

 

結果はなんと30代で3位でした(^^)/

 

患者さんが4人も参加していて、皆さん無事に完走できました。

応援に来てくれた方もいて、嬉しくとても力になりました。ありがとうございます。

 

きついけど楽しいですので、オススメですよ!!

 

 

 

 

4月21日は「前橋・渋川マラソン」のペアマラソンに出ました。

 

フルマラソンを2人でリレーするというもので、僕は1区の25㎞を担当しました。

 

1時間40分くらいでタスキを渡し、2区も頑張ってくれたので3位入賞しました(^^)/

 

ペアマラソンは初めてでしたがとても楽しかったです。

フルマラソンはまだ不安だという方は、まずはペアマラソンなんてどうでしょうか。

 

 

 

マラソン大会ではないのですが、母と地元佐倉のチューリップ祭りに行きました。

 

 

 

印旛沼の竜神橋のところで毎年開催され、小学生の時には球根を植えたりもしました。

約100種類、72万本のチューリップが咲き誇っています。

 

佐倉は自然豊かで歴史の町でもあります。ぜひ1度遊びに来て下さい<m(__)m>

 

 

 

 

 

 

 

さて今回のブログは、膝の内側の痛み、「鵞足炎(がそくえん)」についてです。

 

半腱様筋・縫工筋・薄筋という3つの筋肉の腱が、膝の内側に付着しています。

 

この付着部分はガチョウ(鵞鳥)の足の形に似ているので「鵞足」と呼ばれています。

 

 

膝の屈伸が繰り返されこの部分が擦れて炎症を起こすのが鵞足炎です。

 

 

初期症状は、走った後に膝の内側に痛みや違和感を感じ、走らなければ大丈夫というものです。

 

進行すると日常生活で、普通に歩いたり、階段の昇降時に痛みが出ます。

 

 

 

オーバーユース(使い過ぎ)が主な原因ですが、鵞足の筋肉(半腱様筋・薄筋・縫工筋)の柔軟性不足、お尻の筋肉や太ももの内側の筋肉の筋力不足、足首のオーバープロネーション(過回内)なども原因となります。

 

 

予防としてストレッチや筋力トレーニングを行いましょう。

 

オーバープロネーションの対策にはインソールが効果的です。

 

インソールについて

 

 

セルフマッサージとして、ストレッチポールで太ももの前・後・内側をゴロゴロするのも効果的です。

 

 

 

走るのに気持ちのいい季節になりましたが、怪我に注意しながら楽しみましょう!

 

 

 

2019.5.13

メールでのお問い合わせ

電話をかける

馬込鍼灸整骨院

馬込鍼灸整骨院

〒143-0026
東京都大田区西馬込2-19-6

Tel:03-3778-7333

適応症状を見る

  • 交通事故診療
  • 施術メニューの料金
  • 治療動画
  • スタッフ動画
  • モルフォセラピー
  • ブログ
  • 当院はCIESFに加盟しております
  • 当院はCIESFに加盟しております