TOP

馬込鍼灸整骨院馬込鍼灸整骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

治療事例

HOME > 治療事例

テニスで肘を痛めた

50代 男性 池上在住

 

テニスが趣味で週2回している方で、大会が近づき練習量を増やしたところ、肘に痛みが出てしまいました。

 

皆さん「テニス肘」って聞いたことがありませんか。

この方はまさにテニス肘でした。

 

テニス肘は、テニスだけでなるわけでなく、ゴルフ・バドミントン・剣道などでもなります。

手をよく使う料理人やPCを多用する場合にも起こります。

 

原因は指や手首の使い過ぎです。肘の曲げ伸ばしのし過ぎではありません。

指や手首を動かす筋肉は肘から出ていて、テニスで打つ時に負担がかかり、炎症を起こします。

多くは肘の外側に痛みを生じます。これはテニスのバックハンドで負担がかかる為です。

正式には「上腕骨外側上顆炎」といいます。

 

症状は、物を持ったり蓋を開けたりする時に痛みます。症状が強くなると、軽い物を持つことも痛くなったり日常生活に支障をきたすこともあります。

 

使い過ぎてなるものなので使わないのが一番なのですが、手や指を使わないで生活するのは難しいですよね。

 

当院で行っているモルフォセラピーは、肘の痛みにも効果があります!

 

テニス肘で来院される方も多く、皆さんモルフォセラピーで改善しています。

2019.8.24

野球肘  肘が伸びない

中学1年生 男の子  ピッチャー 野球肘

一か月前から、投球時に肘に違和感が出始めた。

その状態で野球を続け肘が痛すぎて投げる事が出来なくなり、肘を伸ばすことも出来なくなってしまった。

(完全に伸ばした状態が180度ですので、男の子は120度までしか伸ばす事が出来なかった)

診てみると、前腕筋群の張りがすごく、肘が外側に曲がってしまう外反肘でした。

外反肘だと前腕筋群は引き伸ばされる為肘への負担はおおきくなります。

 

野球肘には種類がありますがこの男の子は骨に問題はなく、筋肉に問題があるケースでした。

週三回は通って頂き、一か月経たずに170度まで伸ばせるようになり、近日には投球もできそうです。

痛みを我慢してスポーツをやっては危険です!まずは治療を行いましょう!

2018.3.29

メールでのお問い合わせ

電話をかける

馬込鍼灸整骨院

馬込鍼灸整骨院

〒143-0026
東京都大田区西馬込2-19-6

Tel:03-3778-7333

適応症状を見る

  • 交通事故診療
  • 施術メニューの料金
  • 治療動画
  • スタッフ動画
  • モルフォセラピー
  • ブログ
  • 当院はCIESFに加盟しております
  • 当院はCIESFに加盟しております