TOP

馬込鍼灸整骨院馬込鍼灸整骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

治療事例

HOME > 治療事例

投球動作による右ひじの張りと肩の動かしづらさ

 

20代 男性 大学生

 

大学内の部活動で野球をしている。週3回程の練習で遠投などもメニューに入っている。

2週間ほど前の練習から肘の部分に痛みを感じた。

 

当初は整形外科を受診したそうだが、レントゲン検査を行い、骨には異常が認められなかった。湿布とビタミン剤を処方され、安静にしておけば痛みは引いてくると言われた。

その後、痛みは落ち着いてきた。だが、肘内側の違和感が気になり、不安もあるので来院された。

 

初回、二回目の施術にて右肘の違和感はなくなった。違和感が無くなり再び野球をしていたところ、今度は肩に動かしづらさを感じて三回目の来院となりました。

 

肩は、利き腕。かばって投げていたために腕に痛みを感じている。肩甲骨付近の筋肉の緊張も認められた。肩甲骨周囲の筋肉の緊張を取るために指圧、ストレッチを行い、投球動作をしてもらった。スムーズに動く事が確認された。

 

このように関節同士連動して動いているので、そちらの部分も含めて治療していければと思います。

 

2018.9.24

野球肘  肘が伸びない

中学1年生 男の子  ピッチャー 野球肘

一か月前から、投球時に肘に違和感が出始めた。

その状態で野球を続け肘が痛すぎて投げる事が出来なくなり、肘を伸ばすことも出来なくなってしまった。

(完全に伸ばした状態が180度ですので、男の子は120度までしか伸ばす事が出来なかった)

診てみると、前腕筋群の張りがすごく、肘が外側に曲がってしまう外反肘でした。

外反肘だと前腕筋群は引き伸ばされる為肘への負担はおおきくなります。

 

野球肘には種類がありますがこの男の子は骨に問題はなく、筋肉に問題があるケースでした。

週三回は通って頂き、一か月経たずに170度まで伸ばせるようになり、近日には投球もできそうです。

痛みを我慢してスポーツをやっては危険です!まずは治療を行いましょう!

2018.3.29

メールでのお問い合わせ

電話をかける

馬込鍼灸整骨院

馬込鍼灸整骨院

〒143-0026
東京都大田区西馬込2-19-6

Tel:03-3778-7333

適応症状を見る

  • 交通事故診療
  • 施術メニューの料金
  • 治療動画
  • スタッフ動画
  • モルフォセラピー
  • ブログ
  • 当院はCIESFに加盟しております
  • 当院はCIESFに加盟しております