TOP

馬込鍼灸整骨院馬込鍼灸整骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

治療事例

HOME > 治療事例

視野が狭くなるのは、頭痛の前兆?

30代  男性

 

昼寝をして起き上がった際に、右目がチカチカして目が見えずらいのと頭痛がするとの事で、来院されました。

 

『昼寝をすると頭痛になる事が多い気がするが、すぐ治るし、視野が狭くなったことは無い』との事でした。

 

片頭痛の症状に似ているため、頚椎の調整をしました。

 

すぐによくなり、スッキリして帰宅されましたが、そもそもなぜ片頭痛は発生してしまうのでしょうか?

 

それは、交感神経が優位な状態が続くと、瞳孔が開き光をいっぱい目に取り入れて、情報を広いやすくするのです。

 

しかし、瞳孔を開き続けるのには限界がありその為、目がチカチカすると言った症状に襲われ、強い頭痛が発生してしまうのです。

 

自律神経の入れ替えがしっかりできていれば、このような症状に襲われることは無いのです。

 

 

モルフォセラピーは、このような自律神経の症状は治まりやすいので、お困りの方は是非お問い合わせください

2019.11.13

下痢も整体で改善する?

30代 女性 営業マン 大田区在住

 

ご友人の方が当院に来られているのでご紹介によりお越しにくれました。

 

小学5年生から1週間の間に5回が下痢になってしまうといいます。

もう20年近く下痢が続いているので改善できるならしたいとの訴えでした。

 

下痢の原因はたくさんありますが、この方の場合、腰椎や骨盤がとてもズレていました。

この骨がズレてしまうと自律神経が乱れてしまいます。

腸は自律神経に支配されているので、自律神経が乱れてしまうと下痢や便秘、睡眠障害なども引き起こしてしまいます。

 

モルフォセラピーにて腸、骨盤、腰椎の矯正を行いました。

結果、3カ月で下痢は改善し今でも月に1回のメンテナンスで健康を保っています。

2019.10.25

メールでのお問い合わせ

電話をかける

馬込鍼灸整骨院

馬込鍼灸整骨院

〒143-0026
東京都大田区西馬込2-19-6

Tel:03-3778-7333

適応症状を見る

  • 交通事故診療
  • 施術メニューの料金
  • 治療動画
  • スタッフ動画
  • モルフォセラピー
  • ブログ
  • 当院はCIESFに加盟しております
  • 当院はCIESFに加盟しております