TOP

馬込鍼灸整骨院馬込鍼灸整骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

治療事例

HOME > 治療事例

夏バテ!?

40代 女性

 

首・肩コリ、腰痛と身体の怠さが辛くて来院されました。

 

慢性的なコリはあったようですが、ここ1週間くらいで強くなったそうです。

 

詳しく話を聞くと、睡眠不足で食欲もあまり無いとのこと。外出をして、外は暑く中に入ると冷房で冷えてしまい、身体が怠くなったということもあります。

 

これは加島先生のブログにもありますが、夏バテの症状です。

 

夏バテのブログ

 

予防法など、このブログに詳しく書いてありますので、ぜひご覧ください。

 

この方はモルフォセラピーを行い、自律神経を整えたところ、とてもスッキリしたと喜んで頂けました(^^)

 

 

2019.9.12

寝れないと、全身が痛くなる?part1

60代  女性

 

正常歩行のできない方が来院しました。

 

待ち合いから、治療ベッドまで5メートルほどの距離なのに、そこまでたどり着くのが大変な状態でした。

 

問診を取ってみると、交感神経が優位になっていて、神経の興奮が抑えられないでいる状態でした。

 

主訴は、背中から腰に掛けての痛みと、股関節痛でした。

 

背骨を、撫でるように調整しましたが、それでも過敏に反応していました。

 

交感神経が優位な時間が長いと、どんどん状態が悪くなっていきます。

 

しかし、病院では数値が検知することは出来ず、最終的にうつ病と診断されるのです。

 

モルフォセラピーにて施術を施しています。

 

今後も、この方の症例報告をしていきます。

2019.9.12

左の肩の痛みは、呼吸器障害?

70代   女性

 

左の肩に痛みで来院しました。

 

疾患を多く患わっていて、甲状腺や糖尿病、C型肝炎と凄い状態ですよね。

 

来院時に肩で呼吸をするように当院のドアを開けて、待ち合いからベッドまで歩くまでも肩で呼吸するほどでした。

 

肺疾患(肺気腫か肺炎)を疑い、すぐに病院を受診する事を薦めました。

 

1日に、1箱くらいタバコを吸っていました。

 

後日、2・3日後に病院を受診すると、肺機能が低下していて、肺気腫の手前だったみたいです。

 

深刻な状態でしたので、受診してくれてよかったです。

 

今後はタバコをやめてもらい、肩の治療も一緒行っていきます。

2019.9.4

肩こりから腕の痺れ

20代、女性、西馬込在住

 

IT系のお仕事で、デスクワークが基本でお仕事をされている方です。

 

パソコン作業となると、肩は胸の方に寄っていて猫背になっている状態でした。

 

肩こりと言われている僧帽筋の硬さもあり、付着している首の骨のズレもありました。

 

首の骨がズレ、背骨と背骨の間から神経と血管が出ているのでそこが圧迫され、血流の流れが低下して僧帽筋の部分に老廃物質が溜まり肩こりが出て骨のズレと筋肉の緊張により痺れも出ている状態です。

 

今までで二回調整させて頂いて、肩こりは楽になり痺れは一回の施術で腕全体だったのが真ん中の部分が残るようになり、二回目の施術で痺れは無くなりました。

 

根本である骨をモルフォセラピーで戻す事により患者さんの悩みである症状を取る事が出来ます。

この方は首の骨を中心に戻し、神経や血管の流れが促進するように施術しました。

 

このように、この症例を見ているあなたも骨のズレが原因で症状が出ています。

是非モルフォセラピーを受けてみてください。

 

 

2019.9.4

肩こりと胃の気持ち悪さ

30代、女性、西馬込在住

 

一週間前の夜中に目が覚め、もう一度寝ようとしたが寝つけず寝不足になり肩こりが強く出ているのと、胃の気持ち悪さと痛みを訴えて来院されました。

 

肩こりも緊張が強く、お腹も硬さがありそうとうお辛い状態でした。

 

寝不足になり交感神経が優位に働いてしまい、身体が興奮している状態でしたので筋肉が緊張して不調が出ている状態でした。

 

そこで副交感神経の働きを上げるために、仙骨と腰椎、お腹の調整を中心にモルフォセラピーで矯正を行い、交感神経の働きを抑えるために胸椎の矯正も行いました。

 

するとお腹の硬さに緩みが出てきたのと、肩こりの硬さにも緩みが出ました。

その場では胃の気持ち悪さも低下し、肩こりの痛みも軽減しました。

 

そして二回目に来ていただいた際には胃の気持ち悪さは改善して、肩こりが気になるくらいになりました。

 

初回の際には余りにも気持ち悪すぎ、内科に行こうか迷っていたらしいのですが改善して行かずに済み「ありがとうございます!」と感謝して頂けました。

 

人間の身体は神経によって支配されているので、その神経の出元である骨のズレを戻すことにより神経の通りが良くなって症状が改善して行くのです。

 

このようにお身体でお困りの方は是非、モルフォセラピーを受けてみて下さい。

 

2019.8.27

テニスで肘を痛めた

50代 男性 池上在住

 

テニスが趣味で週2回している方で、大会が近づき練習量を増やしたところ、肘に痛みが出てしまいました。

 

皆さん「テニス肘」って聞いたことがありませんか。

この方はまさにテニス肘でした。

 

テニス肘は、テニスだけでなるわけでなく、ゴルフ・バドミントン・剣道などでもなります。

手をよく使う料理人やPCを多用する場合にも起こります。

 

原因は指や手首の使い過ぎです。肘の曲げ伸ばしのし過ぎではありません。

指や手首を動かす筋肉は肘から出ていて、テニスで打つ時に負担がかかり、炎症を起こします。

多くは肘の外側に痛みを生じます。これはテニスのバックハンドで負担がかかる為です。

正式には「上腕骨外側上顆炎」といいます。

 

症状は、物を持ったり蓋を開けたりする時に痛みます。症状が強くなると、軽い物を持つことも痛くなったり日常生活に支障をきたすこともあります。

 

使い過ぎてなるものなので使わないのが一番なのですが、手や指を使わないで生活するのは難しいですよね。

 

当院で行っているモルフォセラピーは、肘の痛みにも効果があります!

 

テニス肘で来院される方も多く、皆さんモルフォセラピーで改善しています。

2019.8.24

喘息は、骨のズレ???

70代  女性

 

20代から喘息に悩まされていて、70代になりすごく喘息が酷くなったとの事。

 

来院時は、頭痛がひどくそこを治してほしいとの事でしたが、1回で頭痛は改善しました。

 

なので、他の症状を聞くと、喘息がかなりひどくなっているとの事でした。

 

胸骨と胸椎の調整を入念にし、背骨のバランスを整えました。

 

すると、ここ数年季節の変わり目はぜんそくが酷くなっていましたが、この夏は大丈夫だったのです。

 

今回の夏がたまたまかもしれないので、この秋の変わり目をしっかり観察していきます。

2019.8.22

不眠による胃の痛み

40代、男性、西馬込在住

 

20年前から眠りが浅いと胃が痛くなる、という症状に悩まされている方が来院されました。

 

胃が痛くなる際は食物も受け入れない状態だと言います。

 

お身体を診てみると、モルフォセラピーでいう骨のズレが大きく出ている状態でした。

眠れなく胃が痛くなるという事は、興奮している状態になりやすく、興奮しているという事は自律神経の交感神経が優位に働いてしまい、寝る時や内蔵器の働きは副交感神経神経により支配されているので、この方はズレにより交感神経優位になってしまっている状態でした。

 

臓器自体は痛みを感じないので、その臓器を支配している神経が何らかの影響を受けあたかもその臓器が痛いように感じるのです。

 

なので副交感神経と胃の働きを良くするために仙骨と腰椎、胸椎下部、お腹の調整を行いました。

 

すると調整後半に身体が熱く、「血が巡っている感じがする」、「胃の痛みの少しになった」と言っていただけました。

 

このようにモルフォセラピーは身体を根本から調整していき、力も弱い力で矯正をかけていきます。

 

もしお身体で、お困りの方がいらっしゃいましたら是非お近くの治療院へ足を運んでみて下さい。

 

 

2019.8.20

背中の痛みの原因は何?

50代  女性

 

趣味のパチンコを、週4回行く方が背中の痛みで来院しました。

 

患者様は、『パチンコのしすぎで痛くなったのよ』っとおしゃていました。

 

背中を見るとズレている箇所が多く、特にズレているのが痛いと訴えていたすぐ横の背骨でした。

 

そこをデモを使って、モルフォセラピーの矯正すると、最初に訴えていた痛みが治まったのです。

 

パチンコのしすぎで背中が痛くなってのではなく、背骨のズレで痛みが出ていたのです。

 

その後、モルフォセラピー整体をしましたが、来院時よりも背中の痛みは改善しました。

 

今後も、モルフォセラピーの症例をたくさん載せていきます。

2019.8.16

首のズレが顔面の痺れを引き起こす\(◎o◎)/!

40代 女性 大田区西馬込 在住 職業デスクワーク

 

顔面が痺れているとご来院されました。

痺れている部位を確認し確信しましたが、「三叉神経痛」といわれる症状でしょう。

 

三叉神経痛」についてはこちら

 

なぜこのような症状がでてしまったかはわかりませんが、おそらく、毎日の長時間のデスクワーク(DW)と

昼食のコンビニ弁当や晩食のカップラーメンが原因だと思います。

この食べ物は添加物を多く含むため、背骨をズラしやすくします。背骨がズレたことにより神経を絞扼し、痺れを出します。

そしてDWにより筋肉が硬くなり、痺れを増強させてしまっていたのです。

 

モルフォセラピーにより頚椎(首の背骨)を矯正したことにより症状は数回で落ち着きました。

神経痛は根本原因を取り除かないと改善しません。

薬でなくモルフォセラピーを試してみませんか?

2019.8.9

1 / 612345...最後 »

メールでのお問い合わせ

電話をかける

馬込鍼灸整骨院

馬込鍼灸整骨院

〒143-0026
東京都大田区西馬込2-19-6

Tel:03-3778-7333

適応症状を見る

  • 交通事故診療
  • 施術メニューの料金
  • 治療動画
  • スタッフ動画
  • モルフォセラピー
  • ブログ
  • 当院はCIESFに加盟しております
  • 当院はCIESFに加盟しております