TOP

馬込鍼灸整骨院馬込鍼灸整骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

ブログ

HOME > ブログ

『痛いの、痛いの、飛んでいけー』は可能\(◎o◎)/!

みなさん、こんにちは!

加島です。

 

子供の頃、扉やタンスに足をぶつけたり、転んですり傷が出来た時、お母さんに

痛いの、痛いの、飛んでいけー」って

撫でてもらったり、今あなたがお母さんなら

これをお子さんしてあげていませんか?

 

私も子供の頃、お母さんに魔法の言葉のように唱えられていました( ˙³˙)

 

えっ本当なの?って思うかもしれませんがこの言葉は大正解なんですよ?

 

「痛いの、痛いの、飛んでいけー」は理論的に可能なのです!

実際は飛んでいきはしませんが、痛みを和らげることが可能なのです!

 

ではこのことを説明していきます!

 

人間は身体への刺激を脳へ伝える際

刺激によって使う神経が異なり神経別に太さや速さまでも異なります。

刺激には色々種類がありますがこの件で使われる刺激は4つです!

・痛み刺激      「痛いっ

・触圧刺激      「触られている

・冷刺激         「冷たい」

・温刺激          「温かい」

 

神経線維の分類

 分類  神経速度(m/s)   機能
 Aα    100  筋腱の求心性
     50   皮膚触圧覚
 Aγ    20  筋腱の遠心性
     15   皮膚温冷覚    一次痛
 B    7 交感神経節前線維
 c    1 交感神経節後線維    二次痛

※一次痛 鋭い痛みで機械的刺激による。(急性の痛みでぶつけたなどの痛み)

※二次痛 鈍い痛みで機械的刺激と内因性物質による(慢性の痛みで肩こりなど)

ここで使うのが、線維と線維になります!

線維は皮膚を触れられた感覚を脳へ伝へます。

線維は皮膚への温・冷感覚と一次痛を脳へ伝えます。

上記の表を見てください!

4つの刺激で脳へ速く伝わるのは

触圧刺激です。温・冷覚と一次痛は同じ速さで脳へ伝わります。

では実際にこのことを頭に入れ

自分の腕を叩いてみてください!

①腕を叩く

⬇︎

②痛みを感じる(繊維 一次痛発生

⬇︎

③叩いた部分を撫でる(痛いの、痛いの飛んでいけー。繊維 触圧覚発生

⬇︎

④撫でると触圧覚が働くので痛みが和らぐ

⬇︎

⑤離すとまた痛みが出る

 

①.②までは線維しか使っていませんが

③では線維も使います。

これにより一次痛と触圧覚が同時に起こります。

線維の「触れられている」という触圧覚が先に脳へ伝わり、その後線維の「痛いという一次痛が伝わるので脳が騙され痛みが和らぎます。

なので、扉やタンスに足をぶつけたりして痛みが発生しても撫でてあげることで痛みが和らぎ痛みが飛んでいったように感じるのです!

 

昔の人は薬や病院がなかったので

このようにお呪いを唱えていたみたいですが、この言葉が理論的に正解なことに私もビックリしています。

お子さんが痛がっていたら

「痛いの、痛いの、飛んでけー」って

撫でてあげて下さい!

2018.7.23

お正月は、食べ過ぎても大丈夫って、ホント?

皆さん、年末年始はいかがお過ごしでしたでしょか?

 

馬込鍼灸整骨院の大塚です。

 

馬込鍼灸整骨院は、今年も皆様の悩みを解決するお手伝いをさせて頂ければと思いますので、常に勉強を怠らずに努力していきますので、今後ともよろしくお願いします。

 

さて、僕の年末年始で考えさせられるエピソードがありましたので、投稿させて頂きます。

 

31日に奥さまの実家に帰省するのが毎年恒例の過ごし方になるのですが、その日は大みそかになるので、普段食卓に並ばないようなメニューが並ぶことが多くなります。

 

普段よりも高級なお肉だったり、普段よりも脂の乗ったお刺身だったりするご家庭が多いかと思います。

 

更に、その食材にあったお酒をご用意したりするはずです。

 

これは、普段よりも胃や肝臓の負担が掛かる事はご存知なはずです。

 

僕の奥さんは、このような食材をたくさん食べたあとで、しっかりデザートまでたいらげ模様です。

 

ここで、僕は一言『良くそんなに食べられるね』と、質問しました。

 

そうすると、『お正月だから、良いの』と返されました。

 

 

納得するような、しないような感じでしたが、僕はふと『患者さんも、ほとんどの人が胃や肝臓に負担が掛かって、年始は来院するんだろうな~』と言う感情がこみ上げてきました。

 

僕の奥さんは、1/2見事に軽い胃腸炎を発症しました。

 

 

このような時、皆さんはどのように対処しますか?

 

胃腸薬を飲んで対処されると言う方が多いと思います。

 

それでも調子が万全とまではいかないそんな方もいるのではないでしょうか?

 

効果的な対象方法を解説の後に載せますので是非試して診て下さい。

 

 

なぜ、胃腸は炎症するのか?

普段皆さんが接する機会が多いのは、細菌によっておこる胃腸炎が多いはずです。

しかし、今回は食べ過ぎによる胃腸炎です。

 

食べ過ぎ・飲みすぎ胃腸炎は、胃酸が大きく関係してきます。

胃酸は文字通り酸性になり、本来は胃の内壁は酸に強い構造になっているのですが、何らかの要因で胃酸が過剰に分泌すれば、それは内壁のキャパオーバーになってしまい、内壁を傷つけてしまうのです。

 

食べ過ぎのパターンを見ると、2パターンあります。

 

1、一回の食べる量が多い

1度に多くの食べ物が胃に入ると、その量を消化しようと胃酸を多く出します。

これを何回も繰り返すと、少量の食事の量でも大量に食事を摂取して時と同じくらいの胃酸が出るので、結果胃壁を傷つけてしまいます。

 

2、食事の感覚が短くなる

正月は、夜ご飯を食べた後に2時間位間が空き、年越しそばを食べ、夜の談笑の際に甘味を食べるなど、食事の感覚があまり空きません。

 

そうすると、胃酸の量は空腹時に減るのですが、常に胃の中に食べ物がある状態なので、胃酸が増えてしまうのです。

 

 

対処方法

炎症を起こすパターンを見てもらうと分かるように、先ずは食べる際に良く噛んで食べます。

食べる量が多くても、咀嚼をすることで食べ物がペイスト状になり、大量の胃酸を使わずに済むのです。

 

そして、規則正しい間隔で食事をとっていれば、大量の胃酸を出さないで済むのです。

 

 

先ずは、ここを意識しましょう。

 

しかし、急遽の場合は必ずあります。

 

急遽の場合はしょうがないのですが、それが続くと胃酸過多になります。

 

胃酸が出続けている状態は、交感神経が優位な状態なのです。

 

何かの発表会の時は緊張が続くと、だんだん胃がきりきりするはずです。

 

胃酸が多く分泌している時は、交感神経が優位になっているのです。

 

なので、そんな時は整体を受けて自律神経の乱れを解消しましょう。

 

お家での対処方法は、呼吸法です。

 

以前、加島先生が挙げた呼吸法のブログをご覧ください。

ポッコリお腹改善 ~ストロー呼吸法~

ご不明な点は、スッタフまで問い合わせください。

2020.1.13

寒暖差で、頭痛が出るってホント?

皆さん、最近はいかがお過ごしでしょうか?

 

元気でしょうか?

 

僕は最近、頭痛に悩まされています。

 

こんな方はいませんか?

 

『家の中にいて、出かけようと寒い外に出ると頭痛が出てくる』な~んて事はありませんか?

 

これは、僕の見解では、寒暖差が関係していると自己分析をしています。

 

気圧の変化で頭痛が出やすくなることはよくある事のですが、寒暖差では余り馴染みは無いと思います。

 

しかし、寒暖差が大きい状態を繰り返していると頭痛は起きやすいのです。

 

今回は寒暖差の激しい時期に出やすい特徴的な頭痛、寒暖差頭痛を解説していきます。

 

 

寒暖差頭痛

そもそも、暖かいところから寒いところに移動した際に、寒暖を感じる温度は7℃以上の場合に起こります。

寒いところから暖かいところに移動してもなります。

 

この寒暖差を感知するのは、自律神経です。

 

暖かいところから寒いところに移動し、寒暖差を自律神経が7℃以上感知すると鳥肌を立て服との摩擦を高め、摩擦が起こる事で熱を生産し体温を高めようとします。

 

逆に、寒いところから暖かいころに移動し、寒暖差を感知したならば、汗をかいて体温を下げようとします。

 

このように、身体は見えない部分で自ら体温調整をして、活動に最適な体温をキープするのです。

 

この寒暖差が激しかったり、過敏に反応する頻度が高かったりした場合に、どのような事が起こるか想像してみましょう。

 

自律神経の機能が乱れるのは、明白です。

 

そこまで暑くないのに、ちょっと歩くだけですぐに汗が出てくる。

 

自分以外は、そこまで暑さを感じていない。

 

神経が高ぶってくるので、すぐにイライラしてくる。

 

ちょっと待て下さい。

 

こんな症状どっかで聞いたことありませんか?

 

そうなんです。

 

 

女性の更年期障害に、似ていますよね。

 

この更年期障害のお話は、今度別の機会にしていきましょう。

 

 

本題に戻ると、

 

なぜ、寒暖差で頭痛が発症するかと言うと、交感神経と副交感神経の入れ替えの頻度が多かったり極端になってしまうと、最終的に交感神経が優位な状態が長くなってしまうのです。

 

交感神経が優位だと、脳はのぼせた状態になってきてしまい、頭部に熱がこもってしまうので、結果頭痛になってしまうのです。

 

では、寒暖差頭痛にかからないようにするにはどうしたらいいのでしょう?

 

 

対処方法

対処方法は、身体を温めて後頭部は冷やすです。

 

皆さん、温泉は好きですか?

 

そうですよね。好きですよね。

 

温泉の中でも、露天風呂は特に気持ちいい感情になると思います。

 

露天風呂は、副交感神経が最大限引き上がった状態なのです。

 

なので、普段からお家でも湯船に浸かりながら、後頭部を氷水で冷やしてあげて下さい。

 

氷水で冷やすのが苦手な方は、湯船に15分以上温まったら、3分~5分くらいを目安にお風呂のドアを開けて身体を冷やしてあげます。

 

その工程を、2,3回繰り返してください。

 

それでもどうしようもない場合は、当院にモルフォセラピー整体を受けてください。

 

頭痛は整体で、改善します。

 

2020.1.17

メールでのお問い合わせ

電話をかける

馬込鍼灸整骨院

馬込鍼灸整骨院

〒143-0026
東京都大田区西馬込2-19-6

Tel:03-3778-7333

適応症状を見る

  • 交通事故診療
  • 施術メニューの料金
  • 治療動画
  • スタッフ動画
  • モルフォセラピー
  • ブログ
  • 当院はCIESFに加盟しております
  • 当院はCIESFに加盟しております