TOP

治療事例

HOME > 治療事例

チアリーディングで腱鞘炎

高校2年生 女性

高校生になってからチアリーディングをはじめ、そこから一年半ずっと

左手の手首が痛かったといっていた。

最初は手関節の炎症かと思ったが、触ると手関節近くの腱が少し腫れていて痛みをだしてた。

痛みを出していた部位は短橈側手伸筋腱という腱である。

 

本来高校生という若さで同じ筋肉がずっと痛いと言うのは考えにくい。

若いと自己回復能力が高いので治って行くはずだ。

治らなかった理由は首にあった。

短橈側手伸筋腱は橈骨神経に支配されていて動かす時は神経が働き筋肉や腱が働きます。

この子は頚椎がズレていてる事で橈骨神経が圧迫されうまく働かず痛みを出していました。

 

首の矯正をモルフォセラピーにて数回行った。

その後痛みは無くなり元気にチアリーディングをやっています。

2018.10.12

膝を押したり立て膝をすると激痛

30代男性 西馬込在住

 

ある日急に左膝が痛くなり、気が付くと腫れて、熱を持っていました。

歩いたりしゃがんだりも痛いのですが、立て膝や何かにぶつけてしまった時には激痛が走ります。

 

本人は急に痛くなって原因もわからないとの事でしたが、よく話を聞くと、

1ヶ月前にフルマラソンを走りその後から3日くらい痛みがあったようです。

 

調子も良くなり、腹筋を鍛えようとして膝をついた状態で腹筋ローラーをしたら、

翌日に膝が痛くなってしまったみたいです。

膝の下にクッションを敷いておけばよかったのですが・・・

 

 

膝の状態を診ると滑液包炎が疑われました。

 

滑液包という関節の動きを滑らかにする役割を持つ関節の周囲にある袋が、

度重なる圧迫や過剰な摩擦、打撲や捻挫などの外傷によって炎症を起こすものです。

 

治療は、先ず腫れや熱感を引かすようにアイシングをします。

そして手技にて膝に対して圧をかけて治癒を促進させ、包帯固定を行います。

 

この圧迫固定がとても重要で、これにより腫れの引きが早くなります。

 

2週間程度固定をして、その後はテーピングに変えてウォーキングから始めていきました。

 

初回来院から1か月後のフルマラソンにどうしても出たいとの事でしたので、

この間は走らずウォーキングだけにしてもらい、マラソン当日は途中で少し痛みは出たけれど無事に完走できました(^^)

 

膝痛に関してのブログ

 

膝痛の治療の流れ

2018.10.11

足首の捻挫の痛みは湿布で除去できるのか。

 

40代 女性 会社員

 

歩行中に足首が内返しの状態になり捻った。当初痛みはかなり強く出ており、私生活においても支障をきたすほどだった。

以前整形外科にて処方された鎮痛消炎剤入りの湿布が家に余っていたので、それを一番痛いところに貼って2週間ほど過ごしていた。

 

かなり痛みは引いてきていた。ただ。胡坐をかく時に足首を動かすのだが、その際に気になる部分があるので、そこを治療目的に来院された。

 

ふくらはぎや足首の動き、硬さ、腫れ感を確認したところ、筋肉の柔軟性がなかったのと、左足首の外くるぶしのやや下部分に腫れている所がありました。2週間ほど鎮痛消炎剤入りの湿布を貼っていたので、貼っていた部分の血液循環量が悪くなり、部分的なむくみも出ていた。むくむことにより、足首の動きも制限がかかってしまい、余計に循環量も悪くなる。

 

ただ、痛みをとると言う点に関しては、取れているので良いと思われる。

 

鎮痛消炎剤入りの湿布は、足首の捻挫の痛みを取る事に対して優勢という結果になった。

ただ、この方の求めている足首の状態には、少し至らなかった。

 

その後6週間ほど通って頂き、むくみ感と気になる感じは完全に消えた。

 

次回、パート②にて、足首の治療を詳しく書いていく。

 

2018.10.9

洗濯物を干す時に肩が痛い

洗濯物を取りこもうと肩を上に伸ばした時に肩から腕まで痛めた患者さんが来院されました。

 

痛めて1週間様子をみていたが、改善がみられないとの事です。

 

 

洗濯物を干したりとりこむ時、奥にある物を腕を伸ばして取ろうとする時、着替えの時などに痛みが出ます。

 

 

肩の動きは、肩だけでなく肩甲骨や鎖骨も一緒に動きます。

 

そのどこかに問題がある場合に肩は動きにくくなってしまいます。

 

この方の場合は、肩甲骨の動きがとても悪くなっていて、そこの動きをつけると肩の動きがスムーズになり痛みも軽減しました。

 

仕事で一日中パソコンをしていて、運動もしていないので固まっていました。

 

 

治療はモルフォセラピーを行いました。

 

モルフォセラピーは背骨のズレを矯正するものですが、肩甲骨の矯正もできるのです。

 

 

施術後は痛みが消失し、自分で出来る肩甲骨の運動方法をお伝えし、施術終了となりました。

 

 

モルフォセラピーについて

 

 

 

2018.10.4

右肩の上りが悪いのは、左の鎖骨が原因???

60代   女性

 

50代で齢肩(50肩)になってしまた方で、5年近く右肩の上りが悪い方が来院されました。

 

状態を見ていき、問診をしていくと左の鎖骨のズレが多きことが分かりました。

 

鎖骨のズレを矯正すると、右の腕の上がり良くなり、右手が左肩に着くことが出来なかったのが出来るようになったのです。

 

整体の施術をしましたが、改善がみられ喜んでいただきました。

 

今後とも、症例を載せていきます。

 

整体は、モルフォセラピーで治療しました。

2018.10.1

捻挫したらどこに行けばいいのー?

高校2年生 女性

バレーボールをしていて友達とぶつかり足を捻ってしまい捻挫をしてしまったそうです。

その日に整形外科に行き重度の捻挫と診断されたあとサポーターを貰い

2週間、超音波治療を行っていたそうです。

 

ですが治らず、受傷2週間して当院にご来院されました。

腫れはまだものすごくあり痛みもすごくありました。

靭帯損傷、関節の炎症、筋肉の炎症がみられました。

当院にきてから

1週目 固定

2週目 筋肉への刺激 自動運動療法

3週目 筋肉トレーニング   この時点で歩行は完璧に出来るようになりました。

4週目 更なるトレーニング  少しずつバレーボールを始めています。

約1ヶ月でここまでの治療効果を出すことができました。

今も治療中ですが日に日によくなっています。

 

捻挫は・固定・圧迫・整復が最も重要です。

早く治したい場合はお近くの整骨院を受診しましょう。

 

 

2018.10.5

ストレッチをしながら寝てしまう女性

28歳 女性

座骨神経痛が辛くてご来院されました。

治療に入る前にまず何故、座骨神経痛になってしまったかのか原因を探りました。

 

原因は寝方によるものでした。

この方は小学生から大学生までバレー(バレリーナ)をしていて、体がすごく柔らかい方でした。

なので体を伸ばすことが好きで、寝る際にストレッチをしながら寝ていたみたいです

 

ストレッチは適度な時間で筋肉を伸ばすことで効果を発揮します。

伸ばしすぎは体に今回のような悪影響を及ぼします。

 

治療はモルフォセラピー(整体)にて行い3回の治療で完全になくなりました。

完全になくなったとはいえ、この方にはしっかりと寝方の指導をしました。

 

モルフォセラピーについて詳しくはこちら

2018.9.28

足が細くなった!

腰や膝が痛くて通院中の患者さん。

 

仙骨・腸骨・腰椎などのモルフォセラピーを施し、症状は軽減してきました。

歩行時痛、階段昇降時痛、しゃがみ動作時痛がありましたが、今では長時間のウォーキングも出来るようになりました。

 

痛みを治したくて来院したのですが、よく話を聞くと、足のむくみが強くとても悩んでいるとの事でした。

整骨院でよくなるとは思っていなかったようです。

 

モルフォセラピーは血流がよくなるので、むくみの改善も期待できるのです!!

 

5回目の来院時、患者さんが「足が細くなりました!!」と嬉しそうに話してくれました。

 

このようなケースは多くあり、痛みだけでなくむくみに対してもモルフォセラピーは効果を発揮します。

 

お悩みの方は一度ご相談下さい。

 

モルフォセラピーとは。

 

 

2018.9.25

整体で小顔矯正?

30代 女性

寝違えでご来院され治療を行っていました。

数回治療を行った時の事でした。患者さんに「小顔になりました」と言われました。

何のことだかわからなかったので聞いてみると

整体をやるようになってから顎のコリが無くなり小顔になったみたいです。

 

整体は意外なところにも効果を発揮することがわかりました。

皆様も一度いかがですか?

2018.9.21

頭痛の原因は、鎖骨のズレ?

40代 女性

 

1年ぶりに来院される方で、頭痛が取れないとゆうことで来院しました。

 

普段はマッサージ店などでごまかしていたが、スッキリしないため来院したとの事でした。

 

診察をして、状態把握をしていると左鎖骨のズレを確認したのです。

 

すぐにそこを簡単に施術すると、頭痛が改善しました。

 

ズレる事で、頭痛が出ていたんだと考えます。

 

施術方法は、モルフォセラピーです。

 

モルフォセラピーとは?

2018.9.19

1 / 1012345...10...最後 »

メールでのお問い合わせ

電話をかける

馬込鍼灸整骨院

馬込鍼灸整骨院

〒143-0026
東京都大田区西馬込2-19-6

Tel:03-3778-7333

適応症状を見る

  • 交通事故診療
  • 施術メニューの料金
  • 治療動画
  • スタッフ動画
  • モルフォセラピー
  • ブログ
  • 当院はCIESFに加盟しております
  • 当院はCIESFに加盟しております