TOP

治療事例

HOME > 治療事例

夏のぎっくり腰

この時期、ぎっくり腰の患者さんが多いです。

冷房により筋肉が冷え固まり、動いた際に「ピキッ」や気付いた時には「あっ、動けない」

何てことありませんでしたか?

 

夏のぎっくり腰は筋・筋膜性腰痛というパターンが多いです。

背骨やお尻の痛みでなく、腰の筋肉の痛みが大半ではありませんか?

 

この夏のぎっくり腰は治療を行えば長続きせず改善がみられます。

当院にご来院の患者さんも1週間から2週間で改善していて早い人では3日で改善がみられました。

 

当院ではモルフォセラピーという治療を行います。

モルフォセラピーについて詳しくはこちら

2018.8.16

1年前、足の指の骨折は、まだ治ってないの?

40代 女性

 

1年前に左足の中指を骨折し、きちんと付はしたもののリハビリのは最後まで通いませんでした。

 

1年が経ち、違和感が出始めたのが半年前でした。

 

つま先立ちをすると、足首まで引き連れが出てしまい、違和感を感じてしまうと言うのが主訴でした。

 

仙骨のズレを確認し、少しデモで行ってみたところ、10ある痛みが5に変化しました。

 

その後、30分の整体で対応しましたが、施術が終えるとかなり状態は良くなっていました。

 

整体は、モルフォセラピーを施術しました。

 

モルフォセラピーとは?

2018.8.9

肘の痛みは、首のズレから?

60代  男性

 

右肩の痛みで来院していた方が、転職をしたタイミングから左肘の痛みが出てきたと先日訴えました。

 

肘を見てみると腫れているし、熱感もありましたあが、本人はどこにもぶつけてはいないとの事でした。

 

そこで、整体治療になる神経刺激を左肩に施すと、左肘に響いてくるとの事です。

 

そのまま治療を続けると、どんどん響きが強くなりました。

 

少し間隔を空けて左肘を動かしてみると、痛みが緩和していたのです。

 

その後、首のズレを矯正すると、肘の治療はしていないのに、5割くらいまで痛みが軽減しました。

 

引き続き治療しますが、翌日の来院時には2割までよくなっていました。

 

このことにより更に、モルフォセラピーの可能性を感じられました。

 

今後の、治療実例を報告させて頂きます。

2018.8.1

鼻水が垂れてくるのは、首のズレの為?

20代  女性

 

2日前に来院した女性が訴えたのは、アレルギーの様な症状が急に出てきてしまったとの事です。

 

うつ伏せで施術しようにも、鼻水が垂れてしまいどうしようもなくなってしまいます。

 

なので、座位で首を矯正したら、うつ伏せになれて、鼻水も垂れる事が最初より少なくなりました。

 

その後は、いつものように治療しました。

 

鼻水が、頚椎の影響を受けている事に再認識しました。

 

今後とも、結果を報告していきます。

2018.7.31

登山中に転んで足を捻ってしまった

山ガールの患者さん。

 

調子よく下山していた際に滑って転倒し足を捻ってしまいました。

すぐに治るだろうと何もせずに様子をみていたけど、なかなかよくならないと受傷から1週間後に来院されました。

 

診ると外くるぶし周辺が腫れていて、圧痛や痛めた時と同じ動作をすると痛みがありました。

 

捻挫など急性期の外傷で大事な事に「RICEの法則」があります。

 

●Rest レスト=安静、ケガしたところを動かさないこと
●Ice アイス=冷却、氷で冷やすこと
●Compression コンプレッション=圧迫、包帯などで圧迫すること
●Elevation エレベーション=挙上、ケガしたところを心臓より高い位置に保つこと

これがとても大事で、痛めてからなるべく早く処置ができると治りも早くなります。

 

この患者さんは何もしなかったので、痛みも腫れも強く出ていました。

 

こういう患者さんはけっこう多いと思います。

早い処置が早い治癒に向かいます!!

 

 

1週間経っていますがこれからしっかり治療をすれば良くなります。

 

アイシングや圧迫固定を行い痛みと腫れを引かせ、関節や筋肉の機能が衰えないように施術をします。

 

当院での施術の流れはこちら。

 

2週間施術を続け痛みも腫れも引き、今では好きな登山に行けるようになりました(^^)/

 

皆さんも何かあった際には早めに治療を行いましょう。

 

 

 

2018.7.24

ヒリヒリしたシビレ

20代 男性 営業マン

腰痛と右太ももの前面がヒリヒリシビレるとご来院されました。

基本的に痛みはなくももがすれるとヒリヒリする症状でした。

問診と触診を行いましたが異常は特にありません。ですが最近仕事を変えて

ストレスは少しかかっているとの事でした。

 

シビレ方がヒリヒリした感じなのと、シビレの範囲が大腿神経という神経に沿って出ていた、

そしてストレスがかかっていたことから、「帯状疱疹」を疑いました。

その患者さんには注意を促しました。

 

結果、1週間後「帯状疱疹」だったとご連絡がありました。

腰痛やシビレの原因が帯状疱疹のようにウィルスの可能性もあります。

少しの痛みやシビレを放っておいておくと大きなことになることも

ありますのでお気をつけ下さい。

2018.8.3

すぐ目が覚めてしまう不眠症

60代  女性

元々膝痛で通われていました。

話していくうちに不眠症というのが分かりました。

30代の頃からで、2.3時間に一回は起きてしまうということでした。

 

治療としては頸椎(首の骨)と仙骨(骨盤)の治療がメインになります。

なぜかというと不眠症は自律神経の乱れや脳への血流不足が考えられるからです。

自律神経の中でも副交感神経が大切になってくるので仙骨、脳への血流は頸椎が大切に

なるので、頸椎と仙骨の治療を行いました。

 

結果

1回目の治療後   すぐに眠気が来て帰宅後昼寝をしてしまったそうです。その後、夜も

↓ 1週後    しっかりと寝ることができ朝まで起きなかったそうです。

↓       効果は3日ほど持続しました。

2回目の治療後   普通に寝れていてビックリされていました。

まだ安定はしていないので今後も治療を行っていきます。

 

不眠症はしっかりと原因が分かれば改善出来ます。

お近くの治療院をご利用ください。

 

2018.7.13

股関節の骨を折って、その後の痛みが取れない。

50代 女性

 

自宅で転倒し、太ももの骨を骨折してしまい、オペを半年前にした方が歩けないほどの痛みで来院しました。

 

座っていて立ち上がり、何歩か歩く時に強い痛みが出る症状が続いていたが何とか我慢できていた。

 

しかし、ここ1週間は歩行の痛みに耐えきれないほどになってきた為、来院されました。

 

初日は、保険診療しかせず、次の日にバランス整体を施しました。

 

転倒の影響からなのか、腰椎の5番と仙骨のズレが大きくあり、そこを調整すると歩行や体重移動がスムーズになり、痛みからも解放されたとの事でした。

 

その後、1日は痛みのない状態で過ごせていました。

 

今後も、この方の症例報告をしていきます。

 

治療方法は、モルフォセラピー。

 

モルフォセラピーとは?

2018.7.3

雑巾を握ると、親指が痛い。

80代 女性

 

先日、雑巾を絞ると左手の親指が痛いと来院しました。

 

グー・パーの動作でも痛みが出て、強く握ることができないことが分かりました。

 

親指の動きを支配している神経は、首の6番目の骨辺りになるので、そこをモルフォセラピーで矯正しました。

 

すると、直ぐに握ることが出来るようになりました。

 

今後も、経過を載せていきます。

 

モルフォセラピーとは?

2018.6.29

交通事故の患者さん

自転車で走行中に車とぶつかって転倒した方が来院されました。

 

 

最近では整骨院でも交通事故後の治療が行える事が知られるようになりましたが、以前は病院以外では治療できると知らない方が沢山いました。

 

 

もし交通事故にあってしまったら、どうすればいいのかわからないかと思います。

こちらに詳しくありますので、万が一のためにぜひ目を通して下さい。

 

 

交通事故にあったらどうすればいいの?

 

 

病院での診断は腰の捻挫のみでしたが、当院来院時は、腰・背中・肩・首の痛みを訴えていました。

このように受傷して数日後に痛い場所が変わったり増えたりすることは多いです。

その時の自覚症状を全て伝えるようにして下さい。後から痛い場所が増えても、その部分の施術も行えますので安心して下さい。(もちろん事故との因果関係のあるものですが)

 

 

施術は、電気療法・温冷罨法・手技療法・運動療法等を併用して行います。

毎回状態を検査し、その状態に合わせた内容で施術していきます。

 

 

当院で行っているモルフォセラピーは、軽い力で行うのものですので、患者さんへの負担が無く安心して受けていただけます。

 

 

モルフォセラピーとは

 

 

この患者さんは来院して1カ月経過しますが、痛みは最初が10だったのが2までになりました。

 

他の交通事故患者さんに対しても良い効果が出ていて喜んでもらえています。

 

 

交通事故に合ってしまった。病院に通院していてもなかなか良くならない。など、お悩みの方は一度ご相談下さい。

 

当院の交通事故治療について

 

 

 

 

2018.6.21

1 / 712345...最後 »

メールでのお問い合わせ

電話をかける

馬込鍼灸整骨院

馬込鍼灸整骨院

〒143-0026
東京都大田区西馬込2-19-6

Tel:03-3778-7333

適応症状を見る

  • 交通事故診療
  • 施術メニューの料金
  • 治療動画
  • スタッフ動画
  • モルフォセラピー
  • ブログ
  • 当院はCIESFに加盟しております
  • 当院はCIESFに加盟しております