TOP

ブログ

HOME > ブログ

自律神経って冷えと関係あるんです!!

こんにちは☀

 

前回、前々回と自律神経について話しました。

 

まず「冷え」について考えていきましょう。

冷えは万病のもと』と言われるくらい冷えは身体に良くないのです。

冷え症は、ただ単に体が冷えるだけだはなく、肩こり・生理痛・尿トラブル…など色々な症状を生み出してしまうのです。

末端冷え症という言葉は聞いたことがあると思いますが、手足の指先だけ冷えるなーというものですよね。

どんどん悪化していくと『冷えのぼせ』という症状が出てきます。

言葉の通り、頭の方がのぼせていて足先が冷えていることをいいます。

東洋医学の言葉では『上熱下寒』といいます。

そしてそのままにしていくと肩こりや腰痛、生理痛などの全身に症状が出てきます。

 

この「冷え」のキーポイントは今回のテーマでもある「自律神経」!!!!!

冷えが続くことで、この自律神経の働きに乱れが生まれ、全身に不調があらわれてしまうのです(>_<)

 

わたしがなんでだろう?と思うことがあるのですが、冷え症って圧倒的に女性が多いですよね?

よく女性に冷えは禁物!!とか言いますよね?

それは・・・女性の体の構造や生理が関係しているのです。

女性の下腹部には卵巣や子宮などがあり、男性に比べてつくりが複雑なのです。なので、血流が悪くなりやすいのです。

生理痛もこの血流の悪さが原因と言われるほど、血が滞る事は身体にとって良くないことなのです。

 

あとは、服装も原因と言われています。

ファッションは我慢だよと友達に言われたことを思い出しましたが…(笑)

女性は、夏はもちろん冬も薄着な傾向にあります。

ミニスカートや足首を冷やす事はお腹や下半身の冷えの原因になります。

また、ハイヒールも血流を悪くします。

 

 

まず、服装についてです☆

服装のポイントは『頭寒足熱』です。

先ほどの『冷えのぼせ』・『上熱下寒』の逆です!!!

最近は、室内と屋外の温度差が激しいですよね?

電車通勤している方は毎日感じていることだと思います。

この温度差が激しいと身体は体温調節をしなくてはいけなくなります。

体温調節は自律神経も担っているので、温度差が激しいということは自律神経が乱れる原因ともなるのです。

なので、夏は1枚上に羽織るものを持ったりスカーフを持ったりしてみてください♪

冬は脱ぎ着しやすい服装を心がけ、首元も温めるようにマフラーなどしましょう♪

 

夏は冷房で冷え、冬は冷たい寒さで冷え・・・

そんな時はお灸がオススメです♥

自律神経を整えるために鍼灸院に行くのも良し!!

自分でお灸を購入し家でセルフケアするのも良し!!

 

今回1番言いたい事は

冷えは良くないので、身体を温めよう

ってことです!!

身体を温めて冷え知らずの生活を送ってみませんか(^^)v?

2017.12.14

メールでのお問い合わせ

電話をかける

馬込鍼灸整骨院

馬込鍼灸整骨院

〒143-0026
東京都大田区西馬込2-19-6

Tel:03-3778-7333

適応症状を見る

  • 交通事故診療
  • 施術メニューの料金
  • 治療動画
  • スタッフ動画
  • モルフォセラピー
  • ブログ
  • 当院はCIESFに加盟しております
  • 当院はCIESFに加盟しております