TOP

ブログ

HOME > ブログ

腰痛を治したい!!!

 

 

腰痛を治したい!!!

『腰痛を治したい』そう思っている方が多い時代だと思います。

 

実際、当院に来院される理由の1番が腰痛です。

現代病とも言われているくらいですからね。

 

しかし、その腰痛の原因の大半が特定できないことをご存知でしょうか?

 

・腰痛の大半が特定できていない

 

 

厚生労働省に載っている資料の一部を抜粋したものです。

 

特異的腰痛と非特異的腰痛 医師の診察および画像の検査(X 線や MRI など)で腰痛の原因が特定できるものを特異的腰痛、厳密な原因が特定できないものを非特異的腰痛といいます。厳密にどの組織のケガかは医師が診察しても X 線検査をしても断定できないため 非特異的腰痛と呼ばれます。腰痛の約 85%はこの非特異的腰痛に分類されます。通常、 腰痛症と言えば非特異的腰痛のことを指します

http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/1911-1_2d.pdf

 

 

簡単に説明すると、X線での画像診断をしても原因を特定する事が難しいという事です。

特定できていない痛みは、治りが悪そうですよね。

 

では、腰痛になったらどうしたらよいのでしょうか? 

 

 

・腰痛になったらどうしたらいいのか?

 

先ずは、レントゲン(X線)が撮れる医療機関に行ってください。

 

先ほど原因を特定する事は難しいとお話ししましたが、それでもレントゲン(X線)や画像診断を経てわかる事も必ずあるので、医療機関に行く事をお薦めします。

 

医療機関で、原因がわからなった方は、近くの整骨院や接骨院などを受診する事をお薦めします。

 

 

なぜ、原因が分からない症状は、整骨院や接骨院なのか?

 

では、なぜ、原因が分からない症状は整骨院や接骨院の方がいいのかと言うと。

単純に原因が分からないので、色々な可能性を持って治療していく方が良いはずです。

 

原因が分からない=治らない 

 

ではなく。

 

胃の疲れから腰痛、

 

腸の疲れからくる腰痛、

 

身体の歪みからくる腰痛、

 

育児の負担で起こる腰痛、

 

古傷の影響を受けて起こる腰痛、

 

手術の影響を受けて起こる腰痛etc.

 

原因となりえるものを上げていくときりがないのですが、

1つ1つ原因となりえるものを治療していき、

少し時間が掛かるかもしれませんが治していく事が重要だと考えます。

 

一件と遠回りのように見えて、1番の近道かもしれませんね。

 

では、当院で1番多い腰痛はなんでしょう?

 

 

・当院で1番多い腰痛はなんでしょうか?

 

 

当院で1番多い腰痛は、歪みが原因で起こる腰痛が多く来院されます。

デスクワークであったり、スマートフォンの操作であったりで歪みを作る原因があふれています。

身体が歪むことで筋肉のバランスが崩れてしまい、その結果腰痛を引き起こしてしまうのです。

 

 

当院では、原因である骨の歪みを改善していくお手伝いをさせていただいています。

 

 

 

・どのようにアプローチするのか?

 

当院では、モルフォセラピーを用いて骨の歪みを整えて、本来身体の持っている回復能力を引きだし、症状を緩和していきます。

2018.2.14

メールでのお問い合わせ

電話をかける

馬込鍼灸整骨院

馬込鍼灸整骨院

〒143-0026
東京都大田区西馬込2-19-6

Tel:03-3778-7333

適応症状を見る

  • 交通事故診療
  • 施術メニューの料金
  • 治療動画
  • スタッフ動画
  • モルフォセラピー
  • ブログ
  • 当院はCIESFに加盟しております
  • 当院はCIESFに加盟しております